白内障サプリを買う前に口コミで納得!ルテインの効果は本当?

白内障 サプリ

白内障の原因は色々ありますが、目の老化をはずすことはできません。年齢を重ねていくことで目も老化していいきますが、紫外線の影響をうけて老化が早く進むといわれています。

 

そこで最近話題となっているのが、白内障対策としての栄養素の補給です。目の老化を防止する抗酸化成分のアントシアニン、天然のサングラスといわれるルテインなどは非常に有名です。こういった成分は通常の食事ではなかなか摂りにくく、サプリで摂るのが手軽で便利。

 

とはいえ、数あるサプリから実感できるものを選ぶのも大変ですね。そこで、当サイトでは口コミ情報から納得できるサプリを厳選。白内障対策をお考えの方におすすめしたい、アントシアニンやルテイン配合のサプリをご紹介します。

 

一望百景の特徴

サプリを選ぶなら、国産で安心できるものをと考える方におすすめします。アントシアニンは国産の希少な紅イモ由来のものを使用。ルテインは、契約農家で農薬に頼らず栽培されたマリーゴールドから抽出されたものを使っています。しかも吸収の良いフリー体ルテインです。1日めやす1粒に、ルテイン20r配合。1粒でよいのが嬉しい、1粒なのにルテインが豊富、続けやすい値段も魅力、という口コミあり。全国26万家族が愛飲している実力を試してみて下さい。

価格 1,800円
評価 評価5
備考 1日めやす1粒 ルテイン20r配合

 

めばえの特徴

目を紫外線から守るルテインが摂りたいという声に応えたサプリです。マリーゴールドから抽出したルテインを、1日めやす1粒に20r配合しています。これは1日の推奨量を満たす量。1日1粒で手軽、ルテインだけが逆に潔い、機能性表示食品だから効きそう、という声あり。全額返金保証もあって始めやすくなっています。機能性表示食品です。

価格 1,728円
評価 評価4
備考 1日めやす1粒 ルテイン20r配合

 

めなりの特徴

アントシアニンとルテイン+αのサプリです。ビルベリーエキスを配合して、アントシアニンをしっかり摂れます。ルテインはマリーゴールド由来のフリー体天然ルテインを12r配合。相乗効果のあるゼアキサンチンがプラスされています。さらにサポート成分として抗酸化のアスタキサンチンなども。効きそうな色、これ1つで色々摂れる、白内障以外にもよさそう、といった声あり。1日めやす2粒です。

価格 907円
評価 評価3
備考 1日めやす2粒 天然ルテイン12r配合

 

白内障の治療費は

 

白内障というのは、実は多くの人が罹患する目の病気です。基本的には点眼薬によって進行をとどめることによって問題なく生活は出来ますが、ずっと点眼薬を使用するのも面倒ですし、また重症化した場合には点眼薬では間に合わないこともあると言います。そういう場合には手術が必要になるのですが、手術というと色々気になることが出てきます。完全に治るとはいえ、費用は気になるところですから確認しておきましょう。

 

白内障の手術費用については、入院費用との関わりもありますので一定ではないことをまず断っておきます。2016年版の診療報酬から考えてみますと、眼内レンズを挿入する場合と挿入しない場合で分けると、眼内レンズ挿入時は約17万5000円、挿入しない場合には約7万5000円が相場となります。

 

健康保険が適用されるので、実際に支払う費用としてはこの1〜3割程度になります。実際に必要な医療費としては、そこからさらに検査費用や薬剤費用、麻酔費用など色々ついてきますので、プラス3〜4万円は覚悟しておきましょう(保険適用前)。以上は片目の場合で、両目に対して手術が必要な場合は約2倍の費用となります。

 

白内障になれば水晶体が白く濁って視界がボヤけたりかすんで見えるようになります。加齢によって生じることが多く、長生きするならまず人間には白内障の症状が出るのだそうです。これは紫外線などで活性酸素が次第に増えて、水晶体の蛋白質が酸化するためなのだそうです。避けられない白内障ですから、症状が出たときのことを考えて、経済的にもある程度準備しておくのが良いでしょう。

 

白内障の予防のために

 

白内障は老化現象のひとつとも言われるぐらい誰でもかかる病気です。しかしその程度や進行の早さは個人差があるものですから、しっかりと予防出来る範囲では予防をして、その影響を最小限にすることが大切です。

 

白内障の予防というのは、特別なことはありません。まず基本として目に入ってくる紫外線を極力少なくしましょう。白内障は目の水晶体が濁り、光がぶしく感じたり目がかすむようになりますが、これは水晶体のタンパク質の酸化による変質から生じます。その酸化を引き起こす原因が紫外線なのです。紫外線カットのサングラスなどを日差しの強い日には利用するなどして、水晶体の酸化を防ぐことが大切です。

 

そして体内の活性酸素がまた酸化の原因になってきます。活性酸素の害を防ぐためには、食事から抗酸化物質を摂取することが大切です。目にやさしいと言われるルテインやアントシアニンと言った成分、そしてビタミンCやビタミンEは抗酸化作用が高く、特に目のトラブルに有効です。

 

意外にも白内障は糖尿病の合併症として発症することがありますから、普段から血糖値にも注意をしておきたいものです。糖尿病は生活習慣病ですから、普段の食生活において食べ過ぎに注意し、しっかり運動習慣を作っておきましょう。

 

白内障というのは誰しも生じる可能性はあるものの、こういったことに気をつけ、また普段から気をつけていれば、発見も早くなりますし、また影響を最小限で抑えることも可能です。手術なしでも大丈夫なくらいに微々たる影響で済む人もいますから、ぜひ普段から注意しておきましょう。

 

白内障は遺伝する?

 

加齢性白内障は誰にでも生じるものですから、基本的に家族が白内障になっているからと言って、それが自分に遺伝すると考える必要はありません。老化現象ですから遺伝とは関係なく生じると思っておいて良いでしょう。ただし白内障が発症しやすい人とそうではない人というのはいるようですから、家族に若いうちから白内障があった場合には少し注意しておく必要があります。

 

白内障の中には遺伝の可能性が明確に分かっているものがあります。それは「先天性白内障」と呼ばれる種類のもので、生まれつき水晶体に濁りがあるというものです。そのため出生直後や乳幼児期、学童期、思春期頃に症状が出てくるタイプの白内障です。これは遺伝の他の要因もありますが、遺伝は20〜30%を占めています。

 

多くの人は水晶体の濁りが多少あるものですから、遺伝だからといって白内障となるほどのケースは基本的にかなり稀だと言われています。もしも白内障らしき症状があるなら早めに手術をするようにしましょう。放置してしまうとそこから弱視になってしまい、視力が回復しない可能性があります。

 

遺伝によって白内障になると考えると気になることがあると思いますが、少なくとも自分が白内障について自覚が無いなら、先天性ではない可能性が高いです。注意するべきは比較的早い年代からの白内障ですが、これについては普段から目に強いストレスを与えないようにすることが最も予防に有効です。目をいたわる習慣をぜひ持つようにしましょう。

 

白内障治療にツボ押しが使える?

 

白内障の治療は、薬や手術によって行われるのが一般的です。基本的には水晶体の損傷といった問題になりますから、自然治癒というのはありません。手術というのも濁りが生じた部分を取り除き、そして新しい人工レンズを挿入するということを行っています。そのため薬の効果というのも、あくまでその症状の進行を遅らせるだけで、それだけでも程度によっては生涯の生活を支障なく過ごせる人もいます。

 

多くの人が老化によって白内障を生じるようになりますが、その程度は様々です。少しでも発症を遅らせたり、また進行を遅らせることが出来れば、それだけ負担が少なくなりますからそのためにもツボ押しを活用してみましょう。ツボを押すことによって、目に入ってくる水分や血流を良くすることが出来ます。そうなれば自然と栄養や酸素も充分に入ってくるようになり、老廃物の排出は進むようになりますから、目の老化が遅くなり白内障の進行も遅く出来ると考えられます。

 

目に良いツボというのは数多くありますから、書籍などで調べて押してみると良いでしょう。ツボ押しの最大の長所は、場所を選ばず道具も要らないということです。習慣化して長年にわたって続けることが出来れば、大きな差が出てくる可能性は高いです。

 

白内障になってからではなく、白内障になる前から予防や改善に努めていきましょう。それはきっとその他の眼病から目を守り、視力を守ることにも繋がるはずです。

 

白内障治療に漢方薬?

 

白内障というのは、基本的に目の中の水晶体が濁ってしまうと元に戻らないという性質上、物理的にその水晶体を取り除き、人工の眼内レンズを挿入することによって治療します。しかし最近、白内障の治療のために漢方薬を処方する病院やクリニックが増えるようになっているようです。白内障の治療は基本的に止めることしか出来ないと言われているのですが、漢方ではどのように治療を考えているのでしょうか。

 

漢方薬を使った白内障治療では、白内障の直接的な原因に着目するというよりは、目の働きを高める腎臓や肝臓の働きを高めることによって症状の緩和を期待します。目の中の血流や水分の流れが良くなることで、目の水晶体を濁りにくくすることがで出来るのです。そのために症状の緩和や治療が出来ると考えられています。

 

白内障で処方される漢方薬は「牛車腎気丸」と「八味地黄丸」が多くなっています。これらはいずれも体内の血や水の流れを改善して、体の内側の治癒能力を引き出すものです。

 

漢方薬においては、患者の体力や体質などにも注意して薬が処方されるため、同じ症状があったとしても同じ薬が処方されるとは限りません。専門の漢方医や薬剤師に必ず状況や症状、病歴や服用している薬などを細かく知らせて、適切なものを処方してもらうようにしましょう。漢方薬は西洋薬とは違い、即効性を期待する種類の薬ではありませんから、利用する際には数ヶ月は様子を見ながら飲み続けるつもりで服用してください。

 

若年性白内障と生活習慣

 

白内障の症状の多くは、中高年になってから出てくるものですが、中には若いうちから白内障の症状が出てきてしまう人もいます。若年性白内障と言われることの問題ですが、残念ながら原因がハッキリわかっているわけではありません。ただし、若い人においては、ストレスや活性酸素の問題が多いのではないかと指摘されています。

 

最近の若い人たちは、スマホやテレビ、パソコン、ゲームなどによって目が酷使されていることが多く、そのために目が多大なストレスを抱えていることが少なくありません。また、運動不足や不規則な生活などによって、それが増大し、ストレスから活性酸素が増加していると言われています。この活性酸素が目の水晶体にダメージを与え、白内障の症状を生じさせていると考えられるのです。

 

こういった症状の改善にルテインが有効だとされています。ポリフェノールの一種であるルテインは、優れた抗酸化作用で活性酸素による目へのダメージを軽減することができ、視力の低下や眼病の予防に有効と考えられています。

 

また、強いストレスが自律神経を失調させ、内臓や血液循環、水分の循環などの多くの部分に異常を生じさせてしまい、それが白内障の進行を促しているのではないかという考えもあるようです。白内障が進むと手術の必要が出てきますので、できるだけそういったことにならないようにしたいものです。現代だからこその様々な要因が考えられる白内障との関係ですから、基本的な生活習慣を整えて、健康な目を守りたいものですね。

更新履歴